>

仲介手数料無料、そのメリットデメリットとは!?

仲介手数料無料の良い点、悪い点

仲介手数料無料のメリット、デメリットを見ていきましょう。
メリットは言うまでもなく、購入時のコストを削減できることでしょう。
手数料は場合によっては100万円を超えることもあり、この手数料が無料になると考えると、仲介手数料無料という言葉のすごさが分かると思います。

ではデメリットはあるのでしょうか。
前のページでも書いたとおり、仲介手数料を無料にするためには貸主側からの広告料の支払いが前提となります。
つまり、広告料が発生しない物件は仲介手数料無料を謳っている業者では取り扱いすることができず、住まい選びの選択の幅が狭まっていしますことがあります。
また、仲介手数料は無料でも、事務手数料などといって代わりにお金を請求する業者もあるので、そういう問題がないかを調べる必要があるのもデメリットといえるかもしれません。

仲介手数料を値切ることは可能?

ここで気になるのが、もともと仲介手数料を無料としていない業者に対しても仲介手数料を値切って、無料とまではいかなくても引き下げてもらうことは可能か?ということです。

結論から申し上げますと、これは得策とは言えません。
仲介手数料無料の業者はあらかじめ他からの収入の当てがあったり、徹底的な効率化を図っていることによって仲介手数料を無料にすることを実現させているため、そうでない業者に対して仲介手数料の値切りを行えば、仲介業者の主な収入源を値切っていることになるので受け入れてもらえる可能性はほぼありません。
それだけでなく、厄介な顧客と思われたり、業者側のモチベーションの低下によって本来受けられるサービスの質が下がる危険もあるので、仲介手数料を取る業者を選んだ際はしっかり支払うことをお勧めします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る